ココナッツオイルは使い方が大事!2つ効果的な方法を再確認

大注目中のココナッツオイル!美容と健康にもってこいのアブラ

テレビ番組や雑誌などで頻繁に取り上げられ、モデルなどの美のカリスマ芸能人も愛用する人が多いココナッツオイル。美しくなりたいならぜひとも使ってみたいですよね?

美容効果を与えてくれるココナッツオイルですが、使い方を間違えば、太ってしまったり逆効果になってしまう恐れもあるのです。

今回は、ココナッツオイルの正しい使い方と、効果と効能をご紹介していきます。

目次.

  1. ココナッツオイルのおさらい

  2. ココナッツオイルがもたらす嬉しい効果

  3. ココナッツオイルはこう使おう!

  4. まとめ

 

1.ココナッツオイルのおさらい

coconuts chishiki

 ココナッツオイルが取れるココナッツは、ヤシ科の単子葉植物、ココヤシの果実です。ココナツ、あるいはヤシの実とも呼びます。

ココナッツの果実は、繊維質の厚い殻に包まれ、その中に殻に包まれた大きな種氏があります。種子の内部は大きな胚乳に占められ、周縁部に固形胚乳と中心部の液状胚乳に分けられます。

「出典:wikipedia」

 

ココナッツは東南アジアにおいて重要な産業でもあり、世界のココナッツオイルの約90%は東南アジアで生産されています。

 

ココナッツオイルのさっくりとした製造方法としては、すでに水分のなくなったヤシの実を剥いて、分厚いココナッツの白い塊を取り出します。それをすりおろして水分が飛ぶぐらい煮詰めるとココナッツオイルが姿を現します。

このココナッツオイルが食べても良しカラダに塗っても良しで、全世界の女性から注目される大人気オイルとなるのです。

 

2.ココナッツオイルがもたらす嬉しい効果

coconuts happy
  •  ダイエット効果

ココナッツオイルには、中鎖脂肪酸が多く含まれています。一般の食用油に含まれる長鎖脂肪酸は、カラダに吸収された後、リンパ管、静脈をとおって脂肪組織、筋肉、肝臓に運ばれ分解・貯蔵されています。その後、必要に応じてエネルギーとして消費されていくのです。

一方中鎖脂肪酸は、肝臓へ通じる門脈通って、直接肝臓に運ばれます。よって効率よく分解されてカラダのエネルギーとなるのです。

 

  • 便秘の改善・予防効果

ココナッツオイルには、豊富に食物繊維が含まれています。さらにはビタミンやミネラルも多く含まれているため、便通の解消を促します。

しかしそれだけではありません。

ココナッツオイルは小腸にある“絨毛”というヒダに浸透していきます。この絨毛には、私たちが日ごろから口にしている食品添加物がへばりつき、デトックス効果の邪魔になってしまうという悪影響が及ぼされます。そこでこの絨毛に浸透したココナッツオイルが、食品添加物を除去してくれる効果を持っていることから、腸内環境を整え、デトックス効果も見込むことが出来るのです。

 

  • 美肌・美白効果

ココナッツオイルに含まれる食物繊維には腸内環境を整える働きがあるのは、上記によりわかったかと思います。腸内環境が整えば、カラダの中の老廃物が体外へ排出されるので、肌荒れの予防につながるのです。

さらに、ココナッツオイルには「ラウリン酸」とよばれる飽和脂肪酸が含まれます。これには肌の赤みを抑える働き抗菌力が期待できるため肌をきれいに美しくしてくれるのです。

高い保湿力も持っているため、肌の乾燥を防ぐのにも効果を発揮してくれます。

 

  • アンチエイジング効果

ココナッツオイルに含まれる“中鎖脂肪酸”は、肌のダメージを回復させてくれるのと、“ビタミンE”が細胞の劣化を促進させてしまう“活性酸素”の発生を防ぐ効果があります。活性酸素が増えると、細胞が酸化され「老化現象」が引き起こされてしまいます。その活性酸素を防いでくれるので、カラダの若々しさを保ちたいのならば「ビタミンE」を知っておいたほうがいいでしょう。

 

3.ココナッツオイルはこう使おう!

coconuts osusume ココナッツオイルでダイエットを試した人の中で、「逆に太ってしまった」という事例もあるようです。

ココナッツオイルはもともと高カロリー食品のため、毎日食べ過ぎると太ってしまうのは当然です。カラダに良いからといって摂取のし過ぎは決してオススメできません。以下からはココナッツオイルを試すうえで気を付けることをご紹介いたします。

 

①食べる

ダイエットにもよいとされているココナッツオイルですが、油なのでカロリーは高めです。いくらカラダに良い油でも、カロリーは高めです…。適量としては1日当たり大さじ2杯程度とされています。さらに、普段の食事でも変わらすに、他の油を使い続けていたらとんでもない脂質の摂取量となってしまうので十分に配慮が必要です。

サラダに少しかけてみたりと、ちょっとしたアクセントで使用するぐらいの気持ちで十分です。くれぐれも摂り過ぎには注意しましょう。

 

 

②塗る

  • 洗顔後のケアとして

主に、クレンジング・洗顔後に塗ることが美肌美白に効果的だとされています。

洗顔後に軽く水分を拭き取った後、ココナッツオイルを1~2滴ほど塗ります。肌が柔らかくなり、全体的にもちもちと潤います。

 

  • マッサージオイルとして

クレンジングの洗顔を行った後、タオルで水分を軽く拭き取ったのち、ココナッツオイルを5~6滴を手に取り、顔になじませていきます。

 

人差し指と中指、薬指の3本の指の腹を使って、あご→頬→目の周り→額の順に、下から上に軽く持ち上げるようにマッサージを行います。

 

耳の後ろから鎖骨に向かって、やや強めに押し流します。

 

軽くぬるま湯で洗い流したら完了です。

 

(出典: 肌らぶhttp://hadalove.jp/coconut-oil-skin-16101

 

 

4.まとめ

いかがでしたか?

たびたび注目されているココナッツオイルですが、その有名さ故、正しく使用できていない方もいるようです。

今回ご紹介したことをぜひ、実践してダイエット成功・美肌美白・アンチエイジング効果を実感していただきたいです。

coconuts-koukoku

こちらのオイルもオススメ♪♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で