アーモンドの隠れざる効果!あの成分の含有量が食品中第1位

効果 アーモンド

実は、アーモンドは美容の味方だった!!

お酒のあてや、チョコと一緒によく食べることが多い“アーモンド”。とってもおいしいですよね!食べるとおいしいアーモンド、「ニキビができてしまう」とか「太ってしまう」といった心配をされている方も多いかと思います。

 

実はそんなことはないんです!!!!

 

正しい食べ方と量さえわかっていれば、アーモンドはとても優秀な美容食品になります。ここではアーモンドが持っている嬉しい効果についてご紹介していきます。

 

1.まずはアーモンドを知ろう!

kuroshoga

アーモンドは、カリフォルニアのあるアメリカをはじめ、世界で100万トン程度収穫されています。作付面積は年々増えていますが、天候などの影響で生産量が大きく変わってきます。

私たちにとって身近な食品であるアーモンド。しかし、何かと“高カロリーで太りやすい”といったイメージはありませんか?

アーモンドは非常に栄養価が豊富なのですが、それだけじゃなくダイエットや美肌などに効果があることがわかっています。ある実験によりますと、アーモンドを摂取したグループは、しなかったグループと比べて62%多く減量することが出来、56%も体脂肪率が下がったそうです。また、ウエストサイズの減、血圧の正常化も見られました。

アーモンドは腹持ちがよく、少量で満足感が得られるので間食が減ることも要因の一つですが、次章からは「それだけじゃないアーモンドに含まれる成分」についてご紹介していきます。

 

2.アーモンドに含まれる成分と効果

seibunnto

それでは、アーモンドに含まれる代表的な成分と、その効果をご紹介していきます。

・ビタミンE

アーモンドに含まれるビタミンEの量は、100gあたり31.0㎎であり、ピーナッツの3倍以上で、

ビタミンEのgあたりの含有量が全食品中“No.1”といわれています。

一日の摂取量として、成人男性は7㎎、女性は6.5㎎なのでアーモンド20~23粒で満たしてくれます。

ビタミンEには、活性酸素による細胞の酸化を防いでくれる抗酸化作用があり、この作用で老化を抑え、さらにはガンや生活習慣病の予防も期待されている大変重要な成分です。

ビタミンを大別すると、水に溶ける水溶性のビタミンと、脂に溶ける脂溶性のビタミンに分けられます。ビタミンEは後者の脂溶性のビタミンに分類され、脂でできている細胞膜に存在しているので、活性酸素からの酸化攻撃を防いでくれるのです。これにより、女性にとっては嬉しい“アンチエイジング効果”をもたらしてくれるのです。

また、血中の脂肪吸収も抑制してくれることから、血流がよくなり「冷え症の改善」、肌の隅々まで血液が循環することによる「美肌効果」も期待することが出来ます。

 

・不飽和脂肪酸

「アーモンドを食べたら太る」という認識は、アーモンドに脂質が多く含まれていることによるものです。

一般的に、「脂質は太る」とイメージされていますが、脂質にも種類があり、なんでもかんでも体に悪影響を及ぼすという訳ではなく、摂取することでカラダに良いといわれる「良質な油」も存在しています。

アーモンドに含まれる不飽和脂肪酸のオレイン酸、リノール酸も「良質な油」と呼ばれるもので、不飽和脂肪酸は比較的太りにくいといわれています。

それどころか、「不飽和脂肪酸はリバウンドしにくく、ダイエットに役立つ成分である」という実験結果があるほどで、オレイン酸の、「総コレステロールは減らしてくれるものの、善玉コレステロールは減らさない」といった効果が作用しているのです。

 

・食物繊維

腸内環境を整えてくれる大変重要な成分である食物繊維。アーモンド20粒で玄米1杯半と同じ量の食物繊維を摂取することが出来ます。

お通じをよくするだけではなく、以下のような効果も見られます。

 

・血糖値の急激な上昇を抑える。

・胃の中で水分を含み膨れるため、食べ過ぎ防止につながる。

・水分を含みゲル化して、余分な脂肪などを吸収して体外へ排出する

ただ、腸内環境を整えてくれるだけではなくて、ダイエットにも効果があるのは嬉しいですよね。

 

3.アーモンドのオススメの食べ方

アーモンドも生のものと、ロースト(焼いた)したものが一般的にありますが、どちらの食べ方がより効果を望めるのかご紹介していきます。

・生アーモンド

nama-a-mondo

言葉の通り、火入れなど、なんの加工もしていない状態のもの。水分が多くしっとりとしており、歯ごたえはあまりありません。

 

・ローストしたアーモンドro-suto-a-mondo

生のアーモンドを焼いたり、炒ったりすることで甘さや香ばしさ、食感などをよくしてくれます。一般的に私たちが連想するアーモンドです。

 

親しみがあり、食べやすいのはローストしたものですが、一方でこちらは火を通すことにより栄養素が壊れてしまうと言われています。しかし、生アーモンドにも注意点があり、「酵素抑制物質」を除去しないと、消化をする酵素の邪魔をし、臓器に負担がかかってしますのです。

 

なので、生アーモンドを使用する前には、下処理が必要です。

・水に8時間以上つけて皮を取り除く。

・火を通す

といった処理をしなければなりません。扱いが面倒ですし、なにより火を通すのなら初めからローストされたものを購入すると良いでしょう。

 

また、生の状態のものは菌が増殖しやすいため、購入後は早めに食べることをオススメします。

 

ローストはそのままポリポリ食べるたり、砕いて和え物などにゴマ感覚でトッピングするのもおいしいですし、生で食べる際は、ペースト状にしてヨーグルトに混ぜるなど、食べやすく調理するのもいいですね。

 

 

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

アーモンドは、ダイエットやアンチエイジングに効果があったり、女性には嬉しい要素をたくさん持っています。しかも美味しくいただけるのが何より嬉しいですよね。

ローストアーモンドであれば手軽に手に入れることが出来ますので、ぜひアーモンドの力を体感してみてください。

他にもアルガンオイルが簡単に手に入る商品がありますのでこちらも良ければ見てみて下さい

a-mondo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で