睡眠の質を高めて美人に!正しく眠る3つの方法

多くの女性が抱えている「痩せない」「肌が綺麗にならない」「疲れやすい」といった悩み。その悩みを、エステに行ったり、運動したり、食事制限をしたりと“起きている時”にすべて解決しようとしていませんか?

実はそんな辛いことをしなくても、「正しく眠る」という睡眠の質を高めるだけで解決することが出来るのです。

今回は、睡眠の質を高める方法と、それがもたらす嬉しい効果をご紹介いたします。

 1.質のいい睡眠とは?

hatena質のいい睡眠を知るにあたり「レム睡眠」「ノンレム睡眠」の二つの性質について知ることが先決です。それが睡眠の質を上げることに繋がります。レム睡眠とノンレム睡眠の2つのワード、なんとなく聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。まずは、この2つのワードがなんなのかご紹介していきます。

2c06a85402ab452ddd8439ee3b14e675_m

レム睡眠

カラダの筋肉は緩んでいますが、脳は起きている時と同じ活動状態にあること。規則の整理や学習と密接に関係しています。日中に得た情報の中で、必要なものは記憶として残し、不要なものは消去する作業を行っているのではないかといわれています。

 

ノンレム睡眠

「深い眠り」。筋肉の活動は多少ありますが、脳は活動を休止している状態であり、主にカラダの中をメンテナンスしている時間です。

 

睡眠の性質の2つをご紹介いたしましたが、ノンレム睡眠こそが睡眠の質と深いつながりを持っています。このノンレム睡眠には深度が4段階存在しており、単純に、睡眠の質を高めたい、熟睡したいという目的を達成するためには「深度3,4段階のノンレム睡眠」が必要になるのです。なぜなら、この深度の睡眠は、しっかりと脳が休息出来ている状態だからです。「イライラする」「集中できない」といった、起きている時に感じる症状は脳の疲れがとれていない証拠です。脳は深い深度の眠りで休息させなければ、その機能を十分に発揮することが出来ないので注意しましょう。特にもっとも深度が深くなる、最初の寝始めの3時間が重要です。

 

 

 

 2.不眠になるとどのような悪影響が?

086946
不眠状態は、カラダだけでなく心にも負担がかかってしまい、以下のような症状が現れます。仕事を通じての例をご紹介いたします。

 

・自信を無くす

寝不足で集中力を欠き、仕事においてもミスを起こしやすくなります。当たり前に出来ていたことがスピードが落ちたり、間違えたりと自分の中でも自覚のある違和感を覚えます。出来ない自分へのイラ立ちと、睡眠不足のイラ立ちからストレスを抱えるようになり、結果的に自分を責めてうつ状態に…。うつ状態になるとリラックスできなくなり自責の念からさらに睡眠がとれなくなります。当然仕事上のミスも増えるので、自分に対する自信がなくなり、周りとのコミュニケーションを拒むようになるのです。

 

・ものが覚えられない

初対面の人と「○○さんですね」と会話を進めても話をしていくうちに名前を忘れてしまいがちになります。上司からの指示も忘れてしまい、ミスに繋がります。集中力も欠如していますから、それと同時に焦りが出てきてしまい、落ち着いて話が出来ないパニック状態に陥ります。このように、物覚えが悪くなると、常に不安でしょうがなくなるのでとても悪循環に!

 

なんてことも十分にありえます…。

 

 

 

3.すぐに実践!快眠の方法

まくら選び

32f0968e732cc70df8c092f48005ea34_m
快眠には寝返りが大事
なので、寝具である枕が自分に合わないと、カラダをゆがめてしまい、眠れなくなる原因に!
自分に合った枕を使っているかどうかで睡眠の質が変わってきます。まくら選びのポイントとしては、以下が挙げられます。

・低すぎず、高すぎず!

・横向きに寝た時に、顔の中心線から胸にかけて一直線であること!

・仰向けに寝た時に背骨から頭までがまっすぐに!寝返りが楽になります。

 

 

音楽選び

33debc9d78990af434a49e594a0ba7ba_m

なかなか寝付けない時に、睡眠用の音楽を利用することでリラックス状態となり、寝付きがよくなります。この時、寝付いたら音楽が切れるように30分~1時間ほどのタイマーを設定しておくといいでしょう。音楽の種類は、なるべく単調で、流していても気にならないようなものが好ましいです。

 

・落ち着いた曲

・一定のテンポ

・歌詞がはいっていない

 

といったような、自分の好みというよりも、リラックスできるBGMのようなものをチョイスしましょう。クラシックならば“モーツァルト”の曲はリラックス効果を高めるα波が脳から分泌されるのでオススメです。

 

 

食事のタイミング

ef4c0c1eed60f3607fed337dfddc3c2e_s
食事を摂ると、カラダは胃の中で消化しようとして体温をあげます。しかし、体温が下がることによって眠気を引き出すことがわかっていますから、寝る直前の食事はオスオスしません。胃の中に滞留しやすい食べ物はさらに長時間眠気を妨げますので注意しましょう。

 

胃内滞留時間の目安

・果物 1時間~1時間半

・野菜 2~2時間半

・麺類 2時間半

・ご飯・パン 2時間半~3時間

・焼き魚 3時間

・揚げ物 4時間

・ステーキ 4時間

 

※これは単独で食べた場合の目安時間なので、複数のものを一緒に食べた場合は消化するのにさらに時間がかかります。

 

いくら眠気が妨げられるからといって、完全に消化されるまで待つ必要はありません。就寝時間の2時間前(できれば3時間前)には終わらせておくのが無難でしょう。

 

 

4.まとめ

いかがだったでしょうか?

いま、世の中には様々な質の高い化粧品やエステグッズなどがあふれています。しかし、自分自身の基盤となるカラダの中が整っていなければ砂漠に水をかけているのと同じなのです。

そうならないためにも、睡眠の質を上げた休息を取り、カラダも脳も内側から健康で美しくしていく必要があるのです。今回ご紹介したことをぜひ実践していただいて、心地よい眠りから幸福な人生を気づけるようにしていきましょう。

 

サプリの力で快眠を手に入れよう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で