リバウンドをしないキーワード「1ヶ月5%未満」

リバウンドしない ダイエット

リバウンドの悩みは、ダイエットにおける大定番

「適度な運動、食事療法をしてダイエットに成功!」かと思いきや、生活を元に戻した途端に元の体型に戻ってしまった。

なんて経験、ダイエットに励む女性にはあるのではないでしょうか。

元の体型に戻るならまだしも、前以上に太ってしまっては元も子もありませんよね。そうならない為にも、リバウンドをしない正しいダイエット方法を身につけましょう。

 

目次.

1.リバウンドをする原因って?

2.リバウンドの防ぎ方

3.まとめ

 

1.リバウンドをする原因って?

リバウンドをする原因って ダイエットといえば「食事制限」することを一番最初に思い浮かべる人が、ほとんどではないでしょうか。しかし、実はダイエットの代表とも呼べる「食事制限」のやり過ぎこそが、恐怖のリバウンドを引き起こす原因となっているのです。

①ホメオスタシスがもたらす“ダイエット停滞期”による挫折

ある程度ダイエットを行っているうちに、なかなか体重が落ちなくなる停滞期を迎えることがあります。多くの人はそこで挫折をしてしまい、ダイエットを断念しています。この停滞期に突入してしまう要因として、“ホメオスタシス”が大きく関わってきているのです。

↓ホメオスタシスとは↓

食事制限によるダイエットをしており、「消費カロリー>摂取カロリー」を維持し続けていると、脳が「飢餓状態だ!!!」と判断して、カラダが消費カロリーを節約しようとしてしまいます。

それがいつしか「消費カロリー=摂取カロリー」に近づくことで、体重が落ちなくなるのです。これがいわゆる停滞期です。

さらにこのホメオスタシスは、一か月ほど続く傾向があります。もし、この停滞期の時期にダイエットを諦めてしまっても、ホメオスタシスは機能し続けているので、食事量を戻してもカロリー消費量は低いままで「消費カロリー<摂取カロリー」となり、脂肪がつきやすいカラダになってしまうのです。

② レプチンの量と満腹感

ダイエットを行っていると、満腹感に変化が生じてきます。この時に大きく関わってくるのが“レプチン”と呼ばれるものです。

レプチンとは脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されるホルモンの一種で、これにより脳の満腹中枢が刺激されます。ダイエット中に食事の量を減らしてしまうと、それに伴い脂肪の吸収も減少してしまうので、レプチンの分泌量も減ってしまい、空腹の原因になってしまいます。

空腹になると、補うために食事を摂ってしまいがちになります。これが余分なカロリー摂取へと繋がるのです。

 

2.リバウンドの防ぎ方

Fotolia_66098622_XS-min 上記でホメオスタシスとレプチンの量について述べました。ここからはそれらによって引き起こされるリバウンドの防ぎ方をご紹介していきます。

①ホメオスタシスの機能抑制

この機能を抑制することが出来れば、消費カロリーの量が少なくならずに維持していくことが出来ます。ホメオスタシスは、1ヶ月のうちに5%以上体重が減れば最大限に働く仕組みになっていますので、短期間で急激に体重を落とすよりも、

1ヶ月5%未満のダイエットを目指しましょう!!!

 

以下は、ホメオスタシスの機能が抑えられる、おおよその目安。

(もともとの体重が)40キロ→2キロ減まで

45キロ→2.25キロ減まで

50キロ→2.5キロ減まで

55キロ→2.75キロ減まで

60キロ→3キロ減まで

65キロ→3.25キロ減まで

70キロ→3.5キロ減まで

 

②レプチン分泌量の安定

満腹感に関わりを持つレプチンですが、この分泌量が「正常な分泌量だ」と判断するまでに、1ヶ月かかります。ここでダイエットをやめ、元の食事に戻した場合、大きなリバウンドを引き起こしてしまう可能性があります。

GLOBEƒ^ƒuƒƒCƒh”ÅŽÐ“àŒŸõ16P—p.indd

最低でもこの1ヶ月、ダイエットで減少した体重をキープすることが出来れば、レプチンの分泌量も安定され、満腹状態も正常に機能してくるので、リバウンドを防止できることに繋がります。

停滞期が訪れても、1ヶ月は食事を元に戻さないことが重要です。停滞期を乗り越えたら「あ、異常な分泌量ではなかったんだ」と判断して、少ないレプチンの分泌量にも慣れてきて、少ない食事でも満足感を得られるようになってきます。

 

③筋トレも重要

images筋トレというと筋骨隆々にならないか、心配ではないでしょうか。大丈夫です。ムキムキになる筋トレではなく、「体脂肪を減らす」というダイエット前提の筋トレを行いましょう。

一般的に、理想の体脂肪率は25%以下といわれています。なので、たとえ体重が10キロ減っても、体脂肪率が35%あればそれはダイエット成功とはいえないでしょう。その場しのぎに他ならないのです。

皮下脂肪については筋肉に変えることによって、体脂肪も減りますし、代謝のいいカラダになりますので、筋トレは一石二鳥の効果があるといえるでしょう。

 

3.まとめ

ダイエットは短期間で急激に行うよりも、長い時間をかけてじわじわと体重を落としていったほうが効果的でありリバウンドしにくくなります。急なダイエットは精神面も辛くなり、その反動が食事面で表れたりしてしまうからです。

精神面でも追い込まれ、リバウンドしてしまうのは何よりも危険なことですよね。

急な結果を求めず、決して無理なダイエットはせずに、

1ヵ月5%未満ダイエットで、「少し痩せたからOK!!」と思えるように、余裕をもって取り組んでいただきたいです。

今回ご紹介したリバウンドのメカニズムの理解と対応を実践して、本当の意味でのダイエットを成功させましょう。

vegelife

もし短期間でダイエットを行いたいなら、流行の酵素液がおすすめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で