小鼻の黒ずみが気になる!黒ずみの3つの原因とお手入れ方法

小鼻 黒ずみ

目立つ小鼻の黒ずみ、結構つらい…

 

小鼻の黒ずみ、気になったことはありますか?

他の人に見られやすい部分でもあるので、どうにかして消したいですよね!

 

今回は、小鼻の黒ずみの原因と、お手入れ方法をご紹介いたします。

 

目次.

  1. 小鼻の黒ずみの原因とは

  2. 黒ずみのお手入れ方法

  3. お手入れする上で、注意すること

  4. まとめ

 

1.小鼻の黒ずみの原因とは

骨盤とは小鼻に目立つ黒ずみの原因は、主に3つあります。

 

  • 毛穴に詰まった角栓
  • メラニンの増加によるシミ
  • うぶ毛

 

①毛穴に詰まった角栓

まず、小鼻の黒ずみに悩むほとんどが毛穴に詰まった「角栓」によるものです。角栓とは、『皮脂+古い角質』であり、さらに鼻周りのTゾーンと呼ばれる部分は顔の中でも特にアブラが分泌されやすいところでもあります。小鼻は角栓とアブラが合わさるポイントでもあるので、特に黒ずみなどの汚れが目立ってしまいます。

 

毛穴に詰まる角栓ができる原因は次の通りです。

  • 間違ったスキンケア(洗いすぎ・保湿不足)を行っている。
  • 小鼻の黒ずみを隠そうとファンデーションなどを厚く塗っている。
  • あぶらとり紙や、強力な洗顔料を使用している

 

これらに当てはまるようなことを行ってはいませんか??

特に、脂っこい肌質だからといって、洗いすぎると元から肌に備わっている保湿成分も落ちてしまいます。乾燥を補うため、さらに過剰に脂が分泌されてしまい毛穴に詰まる原因になりますよ!

 

②メラニンの増加によるシミ

小鼻は顔の中で一番高い位置に存在しています。よって、紫外線の影響も一番受けやすくなります。紫外線により日焼けをしてしまい、炎症によってメラニンが発生、そしてそのまま毛穴に付着したものなのです。

肌がまだ若い状態であれば、毛穴にメラニンが付着したとしても、肌のターンオーバーで古い角質とともに剥がれ落ちていくのが普通ですが、肌の調子が悪く、肌代謝が落ちてきたりする年齢肌になると、そのままメラニンが居座ってしまうこともありえます。

 

③うぶ毛

小鼻の黒ずみが、毛穴に詰まった角栓かと思って、角栓除去のケアをしていてもなかなか綺麗にならない。

そんな時は、鏡でよーーーく小鼻を確認してみてください。小さいうぶ毛が生えているかもしれません。うぶ毛が影になって黒く見えていることもあるので、ケアの前には必ず小鼻をチェックするようにしましょう。

 

 

 2.黒ずみのお手入れ方法

isohurabon-kouka上記した原因による小鼻の黒ずみを解消するためのケア方法をご紹介いたします。

 

①毛穴に詰まった角栓

まずはしっかりと正しい洗顔を知ることです。余分な皮脂や汚れは落とす必要がありますが、ゴシゴシ洗いすぎると肌が乾燥し、肌を守るために皮脂が過剰に分泌される原因となります。

 

<正しい洗顔の仕方>

  • 洗顔前に蒸しタオルで肌を柔らかく。

洗顔前に蒸しタオルを鼻や顔全体に数分間載せておくことで、肌が柔らかくなり毛穴が開きます。よって洗顔時に、汚れが落ちやすくなるのです。

 

  • 泡はクリーム状に。

「汚れが溜まっているんだからゴシゴシ洗った方が効果はあるんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、それは間違いです!蒸しタオルの後は優しく洗いましょう。

洗顔フォームをよく泡立てますが、生クリームのようにきめ細かく泡立てましょう。クリーム泡で洗う際には、泡で優しくタッチするように洗うことが重要です。

指の腹でくるくると泡を転がすように円の形に動かして洗いましょう。すすぎ残しもNGです。すくった水を顔に当てるようにしてしっかりとすすぎましょう。

 

  • 保湿は念入りに。

→そして洗顔後は、しっかりと保湿をしましょう。保湿不足で乾燥すると、毛穴が開いて目立ちやすくなってしまいます。きちんと保湿が出来ていれば、肌が引き締まり、小鼻の黒ずみも目立ちにくくなります。

 

化粧水では以下の成分が配合されたものがオススメです。

  • セラミド
  • ビタミンC誘導体
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン

 

一方で避けたほうがよい成分もあります…。

  • ○○エタノール(○○アルコール)
  • 着色料

 

これらを踏まえて、化粧水を選びましょう。

そして化粧水を付けた後は、乳液・美容液で、水分が蒸発しないように蓋をしましょう。

 

化粧水はたっぷり馴染ませてから、乳液・美容液は優しく伸ばしていくとバッチリです。

 

 

②メラニンの増加によるシミ

メラニンが原因とされる小鼻の黒ずみは、角栓のように洗い流すことが出来ないため、日頃のケアを続けていくことが大切です。

 

メラニンによる小鼻の黒ずみのケアは、以下がポイントになります。

  • 日焼け止めを塗って、メラニンの生成を抑える
  • 肌に負担にならない洗顔と保湿
  • 質の良い睡眠(リンク付)

 

 

③うぶ毛

小鼻周りは皮膚が薄く、デリケートな部分なので、毛抜きで抜くことはオススメできません。

 

クリニックやサロンで除去してもらいましょう。

 

 

3.お手入れする上で、注意することhada-shigeki

  • 毛穴パック

鼻に貼りつけて角栓をニュルッと抜き出すパック。一時的には角栓がゴッソリとれて気持ちがいいものですが、依存してはいけません!!!

強い粘着力で引っ張るため肌がダメージを負ってしまいます。さらに毛穴が開き切った状態になるので、汚れが溜まりやすくなります。

本当に毛穴の黒ずみを治したいなら、一時的な効果ではなく、しっかり洗う習慣を取り入れましょう!

 

  • オイルマッサージ

小鼻の黒ずみのケアの一つに、オリーブオイルなどで行うオイルマッサージがありますが、こちらも注意が必要です。マッサージ後のすすぎが不十分だと、毛穴にオイルが詰まる原因になります。

また、オイルを使用したケアでは肌の保湿に必要な皮脂まで落としてしまう場合があるため、週に1回程度の頻度に抑えるようにしましょう。

 

 

4.まとめ

小鼻の黒ずみは、今回ご紹介した、毛穴に詰まった角栓・メラニンの増加によるシミ・うぶ毛の3つが主な原因とされています。

自分の原因を確認し、それに合ったケアを行って、つるつるの綺麗な小鼻を目指しましょう!

 

kobana-koukoku

美肌を目指すならコレ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で