顎のニキビはもううんざり!改善する3つの方法を紹介

いつのまにかできる顎ニキビは、大人特有のニキビ

 

「なぜか顎にばかりニキビが出来てしまう!」や「治ったと思ったらまたできた…」など、頻繁に出来る顎ニキビに困ってはいませんか?

大人ニキビとも呼ばれる顎ニキビについて、改善法と日頃のケアについてご紹介していきます。

 

目次.

  1. 顎ニキビができる原因

  2. 顎ニキビの改善法

  3. まとめ

 

 

1.顎ニキビができる原因

genin

 

 

 

 

 

顎周りや、フェイスラインにできるニキビは、「大人ニキビ」と呼ばれており、20代以降にできるニキビ全般を指します。ここでは、そんな顎周りにできるニキビについて、その原因をご紹介いたします。

  • 内的要因

①ホルモンバランスの乱れ

joseihorumon

 

 

 

 

 

 

 

顎にできたニキビの原因として一番に考えられるのが、ホルモンバランスの乱れによるものです。女性は性周期によってホルモンバランスが変動するため安定することが出来ず、肌のコンディションも変化してしまいます。なかでも黄体ホルモンである「プロゲステロン」が大きな関係性を持っています。プロゲステロンは生理後、次の排卵日まで多く分泌され妊娠の維持を行う役割を持っています。そのプロゲステロンが、皮脂の分泌を活発にしているため、生理前になると肌トラブルが起きやすくなってしますのです。

 

②胃腸の乱れ

onaka

 

 

 

 

 

胃腸の働きが弱まるとニキビが出来やすくなります。機能が停止し、うまく消化することが出来なくなると、消化できなかったものが胃の中で不要素となり毒素に変わってしまいます。これらが胃腸にとどまると、体内に毒素がまわってしまい、カラダの中から毒素を排出するために毛穴がダメージを受けてニキビが出来やすくなる、という訳です。

  • 外的要因

①刺激

hada-shigeki

 

 

 

 

 

 

顎やフェイスラインなどは手指が大変触れやすいポイントです。無意識のうちに触れることでも、肌は刺激を受け、ニキビの発生や悪化につながります。頬杖を突いたり、通話で携帯電話が当たったりと広範囲で圧迫してしまうことも肌には負担になってしまうでしょう。

②ケア不足

kansou

 

 

 

 

 

化粧水や乳液、または日焼け止めなどを使用するときに鼻や頬周りは念入りに塗ることがあっても顎周りは意外と塗れてないことが多いのです。そのため保湿されずに乾燥したままで、肌はダメージを負ってしまいます。これによりニキビが出来てしまいます。

 

 

2.顎ニキビの改善法

まずは、先ほどご紹介した「大人ニキビ」が出来る原因を改善することが大切です。

 

①ホルモンバランスを整える

食べ物による改善法としまして、以下の2つがオススメです。

バナナ

banana

 

 

 

 

 

バナナに含まれるビタミンB6は脂質の代謝にも役立ち、生理前の肌トラブルなどに効果があるとされています。

ヨーグルト

yo-guruto

 

 

 

 

 

ビタミンBやビフィズス菌を摂取することが出来る貴重な食べ物です。もちろんこれらはニキビに効果があります。しかし、食前に食べてしまうと、胃酸によってビフィズス菌などの乳酸菌が死滅してしまうので、効果がなくなってしまいます。食後に食べるようにしましょう。

もちろんバランスの良い食事をして+αで摂取するようにすることが大切ですよ。

 

食べ物以外では、「質のいい睡眠」をとることがホルモンを安定させることに繋がります。寝る前にコーヒーなどでカフェインを摂取したり、スマホやPCを使用したりするのは、睡眠を妨げることになりますので、できるだけ避けましょう。

 

②胃腸の働きを整える

胃腸に負担がかかるとニキビ悪化の原因のひとつにもなってしまうので、できるだけバランスのとれた食事を心がけましょう。

特にニキビの予防には、ビタミンB2やB6がオススメなので、その2つのビタミンが多く含まれる食品を摂取するようにすると効果が見られます。

ビタミンB2

卵、納豆、うなぎ、とうがらし、カマンベールチーズ、アーモンドなど

ビタミンB6

まぐろ、にんにく、鶏肉、牛肉、抹茶、ピスタチオなど

 

サプリメントもオススメなので、自分に合った摂取の仕方で取り組んでいきましょう。

 

③乾燥を防ぐ

顎やフェイスライン辺りのスキンケアが行き届いていないと、乾燥や皮脂汚れの詰まりなどによって顎ニキビが出来てしまいます。洗顔では丁寧かつしっかりと皮脂汚れを除去していきましょう。洗う際に、強い力で洗ってしまうと保湿に必要な皮脂まで落としてしまい乾燥することに繋がります。なので、洗顔時は、もちもちの泡を作って、手でこするのではなく、指の腹で泡を転がしながら汚れを落としましょう。

洗顔後には化粧水、乳液でしっかり顔全体を保湿してあげることが大切です。もちろん顎、フェイスラインも忘れずにケアをしましょう。保湿が出来なければせっかく丁寧に洗っても意味がありません。

 

3.まとめ

いかがだったでしょうか?

ついついケアが忘れがちな顎やフェイスライン。ここにできる大人ニキビは、薬以外にもカラダの内側からケアすることで予防することが出来ます。

ニキビが出来ない健康なカラダであればニキビ以外にも嬉しい効果がたくさん起きそうですね。

 

nikibi-AFニキビを無くして美肌を目指そう♪♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で